Skip to content

予定表と連携する

概要

TimeTracker NXは、スケジューラーの予定表にある予定情報をタイムシートに取り込むことができます。会議や商談など、あらかじめ予定表で設定された予定をこの機能を使って取り込むことで、実績工数の入力が簡単になり便利です。

以下のアプリケーションがこの機能に対応しています。

  • Microsoft Outlook ( Exchange Server/Microsoft 365 )
  • IBM Notes
  • サイボウズ (サイボウズ Office/サイボウズ ガルーン)
  • Googleカレンダー

動作保証対象バージョンは TimeTracker NX 製品サイト をご参照ください。

予定インポートの設定

予定データをタイムシートに取り込むには、対象とするアプリケーションの情報を事前に登録しておく必要があります。

操作手順

  1. グローバルナビに表示されているログイン名の右のアイコンをクリックする。

  2. [ユーザー設定]を選択する。

  3. 左側のメニューから[タイムシートの設定]を選択する。

  4. [予定のインポート]タブを選択する。

  5. インポート対象などの情報を入力する。
    アプリケーション毎に必要な設定項目を以下に示します。

    No. 項目 説明 Microsoft Outlook
    (Office 20XX)
    IBM Notes サイボウズ Microsoft Outlook
    (Microsoft 365)(※1)
    Googleカレンダー(※1)
    1 アプリケーション 対象となる予定表のアプリケーション
    2 サーバーURL アプリケーションのURL(※2)
    3 ログイン名 アプリケーションのログイン名
    4 パスワード アプリケーションのパスワード
    5 データベース名 IBM Notesのデータベース名
    6 ユーザ認証(※3) アプリケーションが提供する認証設定
    7 カレンダー選択(※4) 連携対象のカレンダー選択

    ※1 この機能を有効にするためには、システム管理者の方の事前設定が必要です。アプリケーションに表示されない場合は、システム管理者の方にお問い合わせください。
    ※2 URLに設定すべき内容については、システム管理者の方にお問い合わせください。
    ※3 [接続]ボタンをクリックし、アカウントとパスワードを入力してください。
    ※4 Googleカレンダーは一度に複数のカレンダーの予定をインポートすることができます。 連携対象のカレンダーID を選択してください。(複数選択可能です)

  6. [保存]ボタンをクリックする。

予定のインポート

予定表に登録した予定をインポートします。インポートする範囲は、タイムシートで表示している期間になります。インポート対象となるアイテムは以下のとおりです。

No. アプリケーション インポート対象のアイテム
1 Microsoft Outlook
(Exchange Server/Microsoft 365)
・予定
・会議
2 IBM Notes ・予定
・会議
3 サイボウズ ・予定
4 Googleカレンダー ・予定
・非公開の予定

Note

以下の条件に当てはまる予定はインポートされません。

  • 日付をまたぐ予定
  • 「実績工数の入力粒度」より短い予定
  • 開始時刻と終了時刻のない終日の予定
  • 仮の予定
  • タイムシート上に存在する実績と、時間が(一部でも)重なる予定

操作手順

  1. グローバルナビの[タイムシート]をクリックする。
  2. [予定をインポート]アイコンをクリックする。

下図のように、タイムシート上に予定表の予定がインポートされます。

インポートした予定を実績に変更する

インポートした予定を実績工数に変更するには、マイワークアイテムやワークアイテムツリーから、対象のワークアイテムをタイムシート上のインポートした予定にドラッグ&ドロップします。

ワークアイテムを割り当てると色が変化します。

インポートした予定を自動で実績にする

タイムシートのボタン(予定のインポート)をクリックするだけで、実績工数の入力ができます。予定をインポートした後に、ドラッグ&ドロップでワークアイテムを割り当てる必要もなく便利です。インポートする予定に、あらかじめ対象のワークアイテムのURLを入力することで、実績としてインポートすることができます。対象のワークアイテムのURLを取得する方法は、画面上のURLをコピーするをご覧ください。

  1. 予定表の予定に対し、コピーしたURLを本文に貼り付ける。
    コピーするURLは[タイムシートへのパス]でも[プロジェクトへのパス]でも、どちらのパスでも利用できます。

インポートした予定は、自動でワークアイテムに割り当てられ、オレンジ色で表示されます。

Note

予定から自動的に実績に変換された場合、予定の件名が実績の「メモ」に設定されます。

以下の場合は、上記手順でインポートしても実績にならずに予定としてインポートされます。

  • 予定内に設定したURLのワークアイテム(対象ワークアイテム)がプロジェクトに存在しない。
  • 「タイムシートで工程分類の設定を必要とする」または「タイムシートで作業分類の設定を必要とする」の設定が有効になっているプロジェクトについて、対象ワークアイテムのプロパティで工程分類または作業分類の値が設定されていない。
  • 対象ユーザーが、対象ワークアイテムのリソースとして割り当てられていない。
  • 対象ワークアイテムがサブアイテムを含んでいる。(対象ワークアイテムがツリーの末端ではない)
  • 対象ワークアイテムが、実績入力可能なアイテムタイプではない。
  • 対象ワークアイテムへの実績入力がロックされている。
  • 実績入力がロックされている期間にインポートしようとしている。