Skip to content

LDAP連携を設定する

概要

ユーザーのパスワードは、TimeTracker NXで独自に設定せず、Windowsのドメインにログインする際のパスワードをそのまま利用することができます。Active Directoryで管理するアカウントのパスワードを共有することで、ユーザーのパスワードをActive Directoryで一元管理できます。Active DirectoryはLDAPを利用したサービスであり、そのLDAPと連携することで、利用可能になります。

LDAP連携を設定する

ドメインを管理するActive Directoryと連携するための情報を設定します。

Note

連携対象はActive Directoryのみで、Active Directory以外のLDAPサーバとは連携できません。

操作手順

  1. TimeTracker NXのグローバルナビでログイン名をクリックする。

  2. [システム設定]を選択する。

  3. グローバルナビの[システム動作]をクリックする。

  4. 左のメニューから[LDAP連携]を選択する。

  5. [編集]ボタンをクリックする。
  6. LDAP連携の情報を設定する。入力項目は以下のとおり。

    No. 項目 説明
    1 LDAP連携を行う LDAP連携を行う場合は、チェックします。
    2 LDAPパス LDAP連携を行う場合のみ入力します。TimeTracker NXと連携するユーザーが所属する組織(OU)のLDAPパスを入力します。

    Note

    設定するLDAPパスの具体的な内容につきましては、貴社のLDAP管理者様へご確認ください。

  7. [保存]ボタンをクリックする。