現場志向のプロジェクト計画

Webアプリケーションとは思えない
軽快な操作性で、プロジェクト計画作成を、
手軽に実現。

Webアプリケーションというと、すぐに使えて便利だが使い勝手は今一つ。そんなイメージはありませんか?
特にプロジェクト管理ツールは、「機能は豊富だが操作が難しくて浸透しない」ということがよくあります。
TimeTrakcer NXは、そのような先入観を払拭し、驚くほど軽快で快適な操作性を実現しました。
スケジュール管理・進捗管理に活用する線表(ガントチャート)もドラッグ&ドロップだけで簡単に編集。
プロジェクト現場で生まれ、培われてきたからこそ実現した、こだわりの機能と操作性を体感してください。

見たまま直感的にスケジューリング

ガントチャートにドラッグするだけの簡単な操作でプロジェクトのスケジューリングが可能で、
細かい日付の入力は一切不要です。
ビジュアルで直感的にスケジュールが立てられ、タスク間の依存関係を示すリンク設定など
本格的な管理も可能です。

段階的にプロジェクト計画を詳細化

実際のプロジェクトにおいては、まずは大まかに計画を立てて、段階的に詳細化していくことが現実的です。
TimeTracker NXなら、スケジュールや工数を大きな単位から作業別といった詳細レベルまで、
任意の粒度で計画を立案できます。

プロジェクトをリアルタイムで共同編集

TimeTracker NXでは、一つのプロジェクトのタスクを複数メンバーで同時に更新できます。
他のメンバーの更新内容は各自のWebブラウザ上のガントチャートに即座に反映されるので、
古い情報に基づいて仕事をすることもなくなります。
プロジェクト内でのスムーズなコラボレーションが進みます。

  • テンプレートからプロジェクトをすぐに開始

    プロジェクト立ち上げ時は、過去プロジェクトの構成を参考にしたり、会社や部署で標準化されたプロセスを使うことが多いです。
    TimeTracker NXでは、過去プロジェクトや標準プロセスの作業構造(WBS)をドラッグ&ドロップするだけで、あっという間にプロジェクトを作成できます。

  • タスクの情報をカスタマイズ

    「難易度」「承認者」「対象バージョン」などタスクに自由に独自の項目を定義できます。
    選択肢やレイアウトも自由に定義できるので使い方は自由自在。TimeTracker NXに管理情報を集中できます。

  • クリティカルパスで重要タスクを識別

    ガントチャートには、クリティカルパス(※)も表示できます。作業の優先度も確認しながら、プロジェクトの計画の妥当性を見える化していきましょう。

    ※クリティカルパスとは計画上ずらすことのできない作業をつないだ線のことで、進捗管理上重要な作業を示しています。

  • 課題や不具合も、工数とともに管理

    汎用的な「タスク」に加えて、「課題」や「不具合」など独自のアイテムも定義できます。
    工数入力も可能なので、不具合ごとの工数を集計するなどプロジェクトの様々な活動を管理し見える化できます。

  • カスタムフィールドと計算式による計画立案の効率化

    ガントテーブルのフィールドに、Excelのような計算式を設定することができます。計算式は直観的なエディタで定義し、以下のように様々な使い方ができます。
    ・開始日と計画工数から終了予定日を自動で算出する。
    ・実績工数から算出した費用に委託先費用や設備費を加える。

  • ワークアイテムに、詳細な情報を記録

    ワークアイテムに関連する情報を、テキストだけでなく、多彩な表現で記録することができます。
    ・見出し、表、図
    ・ハイパーリンク
    ・ファイルの添付
    これにより、プロジェクトメンバとの正確な・明瞭な情報共有が可能になります。

機能詳細

「課題別の活用提案」では、お困りの課題を解消する機能をご紹介しております。
『計画や進捗管理を効率化したい』『業務負荷の調整がしたい』などお悩みの方、是非ご覧ください。
また、TimeTracker NX の機能一覧もご確認ください。

課題別の活用提案 機能一覧