機能一覧

エディション

工数の入力を中心に、基本的なプロジェクト管理と見える化が実現できるStandard Edition。 工数管理に加え、本格的なプロジェクト管理と分析機能を備えたProfessional Editon。 改善の目的に応じて、Timetracker NXには2つのエディションがあります。

Standard Edition

まずは工数の入力と見える化により、現状の把握と改善を始める方のための工数管理ツールです。ガントチャートなど、プロジェクト管理のための基本機能も搭載しています。負荷の管理など本格的なプロジェクト管理のためにはProfessional Editionをお勧めしますが、後からエディションの変更も可能です。

Professional Edition

工数管理に加え、本格的なプロジェクト管理と分析の機能を備えた現場の見える化・改善支援ツールです。プロジェクト管理ツールとしては、大まかな計画から段階的に詳細化できる機能(Flexible-WBS)やExcel帳票との連携機能があり、また組織やプロジェクト横断での工数分析機能や複数プロジェクトでのガントチャートなども搭載しています。

機能一覧

TimeTracker NX 4.5(最新版)のエディション別機能一覧表です。

  • 〇:搭載、△:一部制限あり。
  • ●:TimeTracker NX 4.5 での新機能・改善機能

過去バージョンの機能一覧はこちらをご覧ください。

負荷のかからない工数入力・工数管理

カテゴリ 機能 Std Pro
工数入力 ドラッグ&ドロップでの工数入力
メモの入力
進捗の報告
工数を工程分類・作業分類で細分化
日別実績工数の表示
入力支援 グループウェアからの予定インポート
ショートカットからの工数入力
親アイテムをドラッグして工数入力
プロジェクト画面から自分の工数を直接入力
キーボード操作で実績工数をコピー&ペースト
アイテムツリー表示順序のカスタマイズ
フィルタリングと検索
アイテムツリーでお気に入りプロジェクトを上位に表示
アイテムツリーで指定プロジェクトを非表示
実績時間の自動調整
休憩時間の設定と休日のカラー表示
プロジェクト編集 工数入力画面でアイテムのフィールド更新
工数入力画面で複数アイテムのフィールドを一括更新
工数入力画面でサブアイテムの追加
作業に対するコメント(報告)を入力
クイックレポート プロジェクト別に工数を集計
アイテム別に工数を集計
工程や作業の分類別に工数を集計
リアルタイムにグラフ化
任意の集計軸で独自のレポートを作成
クイックレポートのPDF出力
その他 実績工数データのエクスポート
実績コストデータのエクスポート
他ユーザーの実績の閲覧・入力

現場志向のプロジェクト計画

カテゴリ 機能 Std Pro
計画 作業構造(WBS)の定義
テンプレートからWBSを作成
フィールドを指定してテンプレートからWBSを作成
ExcelからWBSを作成
稼働日考慮のスケジューリング
タスクのリーダー割り当て
下位アイテムへのリソース割り当てのコピー
グループ単位のユーザー管理
ガントチャートで直感的にスケジューリング
シンプルに始めて必要なだけWBSを詳細化
現場志向の多彩なリンクと納期固定
クリティカルパスで重要タスクを識別
フィールド値算出方法をカスタマイズ 1
フィールド値算出方法を計算式で定義
チェックアイテムで細かい作業項目を管理
WBSはシンプルに、工数は細かく管理
プロジェクト個別のセキュリティ設定
ワークアイテム個別のセキュリティ設定
編集支援 複数メンバーによるプロジェクト同時編集
プロジェクトの更新内容をリアルタイムで反映
リーダーとして設定されたアイテムの更新通知
複数アイテムのフィールドを一括更新
プロジェクト間でのWBSのコピー
アイテム情報をテキスト形式でコピー
多彩なフィルタ機能
ファイル添付
多彩な表現でアイテム情報を定義
  • ※1 進捗率のみ設定可能
  • ※2 プロファイルの新規作成と画面レイアウトの編集は不可

リアルタイムな進捗管理

カテゴリ 機能 Std Pro
進捗管理 ガントチャートでビジュアルに工数や進捗を管理
ステータスを定義してシンプルに進捗管理 1
細かい作業をTODOリスト化して進捗管理
メンバーからのコメントをリアルタイムで手軽に共有
タスクの実績工数をメンバー単位で確認
アーンドバリューで定量的な進捗管理
イナズマ線で遅れ具合の見える化
イナズマ線の複数表示で過去の進捗状況を確認
イナズマ線を自動的に保存し進捗状況を確実に記録
自動保存された過去のプロジェクト計画との対比
クイックウォッチで要注意のアイテムを手軽に確認
メンバーの業務量や負荷を確認
コスト管理 工数ベースのコスト管理
ユーザー別のコスト単価設定
ユーザーのコスト単価履歴に基づくコスト管理
アーンドバリューによるコスト管理
  • ※1 既定のプロファイルに定義済みのステータスのみ利用可能

Excel帳票と簡単連携

カテゴリ 機能 Std Pro
Excel連携 TimeTracker NXのデータをExcel帳票に取り込み
TimeTracker NXのデータを基にExcel帳票を更新
Excelのデータを基にTimeTracker NXのデータを更新
ExcelからTimeTracker NXの画面を直接開く
複数のプロジェクトも1つの帳票と連携

プロジェクト横断で可視化

カテゴリ 機能 Std Pro
プロジェクト横断管理 複数プロジェクトのガントチャートを並べて表示
プロジェクトを任意にグループ化しガントチャートを表示
プロジェクト横断で担当アイテムを一覧化
プロジェクト横断の担当アイテム一覧から直接工数入力
アイテム情報をテキスト形式でコピー
組織横断の負荷管理 メンバーの業務量や負荷を確認
ピボット分析 ドラッグ&ドロップで工数データを自在に集計
実績工数だけでなく計画工数も自在に集計
コストの予実も自在に集計
プロジェクトのアイテム情報を自在に集計
プロジェクトWBSの階層に基づくデータ集計
プロジェクト横断や組織単位のデータ集計
複数プロジェクトの工数・コストをカテゴリ別に集計

管理機能・その他

カテゴリ 機能 Std Pro
セットアップ 専門知識不要でデータベースを簡単に作成
マスター設定 使用可能な機能をユーザー単位で制限
機能単位でアクセス可能範囲を設定
ユーザーの所属組織履歴を管理
ユーザーのコスト単価履歴を管理
プロジェクトの各種設定をプロファイルとして一括定義 1
プロファイルの更新内容を各プロジェクトに一括適用
プロジェクトを分類するためのカテゴリを定義
ステータスをシステム全体で定義してプロジェクトに適用 2
独自の管理項目をカスタムフィールドとして定義
実績工数を工程別に細分化するための工程分類を定義
実績工数を作業種別で細分化するための作業分類を定義
システム設定 Active Directory連携でWindowsとパスワードを同期
計画工数・実績工数の入力粒度を指定
システム管理 サーバーメンテナンス時にサービスを安全に停止
その他 1サーバーで3000人規模まで対応
日本語・英語の表示切り替え
  • ※1 プロファイルの新規作成と画面レイアウトの編集は不可
  • ※2 既定のプロファイルに定義済みのステータスのみ利用可能