ドラッグ&ドロップで工数入力

毎日の工数入力。
手間がないから続けられる。
だから工数が見える。

プロジェクトにおいて、
 「納期遅れが発生している」「メンバーの負荷が解消できない」「品質問題が発生している」
という問題が発生していることを良く聞きます。このような問題に素早く対応するためは、事実の把握として、作業時間(=工数)の見える化が必要です。
工数を見える化することで品質やコストの状況が明らかになり、業務の改善につなげることができます。
TimeTracker NXは、軽快で洗練された UI で工数入力と手間のないく見える化を実現。工数を資産として知識労働現場の改善活動を支援するのが、TimeTracker NXの特長です。

工数入力があっという間に

一般的なプロジェクト管理ツールでは、『タスクごとに1日何時間作業したか』を報告するスタイルが主流です。
しかし、これには実は頭の中で計算も必要で、全員が継続するのは困難です。
TimeTracker NXでは『何時から何時までどの作業をしたのか』をドラッグ&ドロップで入力する直感的な操作で実現。
1日分の報告に1分もかかりません。
誰でも簡単にできるから、改善につながる工数データが継続的に集まります。

予定表からワンクリックで工数入力

スケジューラーで管理している予定をボタン1つでインポート。
ドラッグ&ドロップすら不要で工数入力でき、会議が多く忙しい人ほど嬉しい仕組みです。
Outlook(Microsoft 365を含む)やGoogleカレンダーなどに対応しています。
さらに、予定にあらかじめタスクの情報を設定しておけば、自動的に実績工数として取り込めます

自分の時間の使い方を振り返る

せっかく毎日入力している工数を、自身の仕事ぶりの確認に使いましょう。
思っていた印象と事実とは異なるものですが、クイックレポート機能なら
入力と同時に工数が自動で集計されてグラフ化されます。
集計の手間をかけずに、自分の仕事内容を毎日客観的に振り返ることができます。

  • 手間のかかる工数集計作業は一切不要

    メンバーが入力したタスクの実績工数はプロジェクトの作業の階層構造(WBS)で自動的に積み上げ計算されます。
    工程単位からプロジェクト全体まで見たい粒度で工数がすぐに確認できるので、手間のかかる集計作業は一切不要です。

  • ストレスを生まない操作性

    複数の実績工数が重ならないように自動的に時間を分割・調整するなど、ちょっとした使い勝手にも徹底的にこだわっています。
    現場での利用におけるニーズを丁寧に実現していくことが、小さなストレスも生まない操作性につながっています。

  • ガントチャートでも工数入力

    工数管理とプロジェクト管理の両方の機能を同時に活用できます。
    同一画面上でプロジェクトのスケジュールを確認しながら工数を入力したり、工数入力中にワンクリックでプロジェクトの画面に切り替えるなど、工数管理とプロジェクト管理が融合したツールです。

  • 担当タスク一覧から工数入力

    自分の担当作業タスクをプロジェクトを横断して一覧表示する「マイページ」では、優先度の高い作業項目が確認できます。
    この画面上でも実績工数を入力できるので、ツールの画面を開きなおす必要がありません。

  • ショートカットでスピーディに入力

    ショートカットに登録したタスクから直接工数を入力できます。
    同じタスクを継続的に実施したり、また定例会議など毎週決まったタイミングで実施するものを登録することで、素早く入力できます。

  • 実績のコピーも自在

    同じタスクの実績は、その都度ツリーから探さなくても入力済みの実績からコピーできます。
    キーボードによる一般的なコピー&ペーストの操作(Ctrl+C,V)だから、使い慣れた操作で実現できます。

  • タスクはシンプルなまま、工数を細分化して分析

    同じタスクの作業でも種別で工数を分けると、詳細な活動分析が可能になります。
    「会議」「設計」「レビュー」「手戻り」などの分類タグを工数入力時に指定することで、コストや品質問題の原因が何か、工数データを用いて分析できます。

  • コストも簡単に見える化

    工数とメンバーの単価から実績コストを自動で計算。
    工数と同じようにプロジェクトで必要な粒度のコストが管理できるから、プロジェクトの採算管理にも活用できます。

機能詳細

「課題別の活用提案」では、お困りの課題を解消する機能をご紹介しております。
『現場の負荷なく工数の実績を集めたい』『工数入力を定着させたい』などお悩みの方、是非ご覧ください。
また、TimeTracker NX の機能一覧もご確認ください。

課題別の活用提案 機能一覧