課題・不具合・要求なども統合管理

課題・不具合・要求などの管理もTimeTracker NXで。
工数・コストと統合管理。

プロジェクトの現場では、「課題」や「リスク」など様々な管理対象が日々発生します。開発業務であれば「不具合」や「要求」も重要です。これらの項目も、TimeTracker NXならまとめて管理。高精度の工数・コストのデータと連携可能で、プロジェクト活動全般の統合管理が実現できます。

課題・不具合・要求などもTimeTracker NXで統合管理

プロジェクトのツリー(WBS)の構成要素であるワークアイテムについて、その種類(アイテムタイプ)を任意に追加することが可能です。例えば「課題」「不具合」「要求」「リスク」「ToDo」など、様々なアイテムがプロジェクトにおいて管理できます。各タイプでフィールドやステータスなど管理項目がカスタマイズでき、現場のニーズに柔軟に対応します。

業務に合わせて任意のアイテムタイプを追加

TimeTracker NXでは、プロジェクトの管理対象を自由に定義できます。「課題」「リスク」など汎用的なアイテムや、「不具合」「要求」などソフトウェア開発業務向けのアイテムなど、プロジェクト全般の活動を統合して管理可能なツールです。

タイプ別にフィールドやステータスをカスタマイズ

アイテムタイプごとに、使用するアイテムの属性(フィールド)や進捗状況を管理するステータスが自由に定義できます。さらに、プロパティ画面のレイアウトもカスタマイズ可能。現場のプロセスや運用に適した形で利用できます。

標準プロセスの現場定着を促進

アイテムタイプ別の設定は「プロファイル」によりまとめて定義し、プロジェクトに適用できます。会社全体や部門の標準プロセスを各プロジェクトに適用するといった運用が可能です。プロジェクトごとにプロセスのテーラリングも可能で、現場のニーズに柔軟に対応します。

課題管理や不具合管理と工数管理が融合

「課題」や「不具合」など追加したアイテムタイプは、既定の「タスク」と同様に工数入力が可能です。課題管理や不具合管理が高精度の工数管理と結びつくことで、従来は難しかった様々な見える化が可能になります。

不具合管理の利用例

ここでは、アイテムタイプ「不具合」を定義してプロジェクトの不具合管理に利用した例を紹介します。「課題」「要求」等他のアイテムタイプを定義した場合も、同様の活用が可能です。

不具合対応の工数も計測できる

不具合の調査や修正の工数も、高精度の工数管理対象に。修正コストを予測したり、改善効果が見える化できたりと、活用が広がります。

Excelの不具合管理票がそのまま使える

お使いのExcel帳票をそのまま利用して簡単連携。これまでのやり方を変えずに、TimeTracker NX内で集約したデータからクリック一つでExcelの不具合管理票を作成するといった運用が可能です。

不具合の収束状況をリアルタイムに見える化

不具合の発生がいつ収束するのかというような情報もグラフで見える化。カスタマイズしたステータス設定に基づき、順調に進捗しているのか、問題が発生しているのか、リアルタイムでチェックできます。