すばやく見える化

工数やプロジェクト情報を
毎日手軽に確認。
すばやく見える化、今日から改善。

TimeTracekr NXは個人からタスク、プロジェクトまで、日々の見える化をサポートします。
工数データやプロジェクトの最新情報が手軽に確認できる「ダッシュボード」や、工数を入力しながらすばやく見える化する「クイックレポート」。
さらに、プロジェクトの任意のWBSの単位で、工数分析やタスクの消化状況をドリルダウンで確認できます。
手間なく、すばやく見える化できるから、業務の改善が進みます。

工数を入力しながら振り返り

入力した実績工数は、すぐさま集計。「クイックレポート」により自動的にグラフ化されるので、自分の工数がすぐに見える化できます。しかも、実績の色とグラフの色が連動しているから、「割り込みが多くて、メインの案件がいつも夕方からになる」「報告書の作成を週末にため込んでしまう」というような仕事ぶりが視覚的に表現できます。

気になる視点ですぐに工数分析

「プロジェクトごと」や「工程ごと」というような決まった集計に加え、気になる視点からすぐにクイックレポートで工数が分析できます。例えば、自分の工数を「管理業務」と「エンジニアリング業務」に大別して集計したり、「計画タスク」と「割り込みタスク」に区分したりと柔軟に条件を設定して見える化できるので、課題の発見につながります。

プロジェクトの工数をサマライズ

プロジェクトの工数は、さまざまな視点で見える化可能です。例えば、「レビュー」「手戻り」といった作業種別ごとに内訳を表示。あるいは工程別、そしてもちろんメンバー別の工数まで、プロジェクトの工数をサマライズして確認できます。

タスクの消化状況を見える化

タスクの進捗状況は、消化状況という視点で見える化すると便利です。完了済みタスクが日々増加し、未着手や作業中のタスクが日々減少していれば、順調にプロジェクトが進んでいることを裏付けます。完了済みタスクの数が横ばいのまま停滞していれば、危険信号です。
このような見える化も、TimeTracker NXでは簡単に実現できます。

  • 工数やプロジェクトの最新情報を
    毎日手軽に確認

    工数やプロジェクトの最新情報はツール起動後に表示されるダッシュボードで確認。
    ツールにログインするだけで表示されるので、確認のための操作は不要です。

  • プロジェクトの進捗状況を手軽に見える化

    プロジェクト管理画面でも、「ダッシュボード」と同様の情報を確認できる「アイテムレポート」。WBSの選択範囲に連動してレポートの内容が表示されるから、軽快に分析を進められます。

  • 個人毎に自由にカスタマイズ

    表示はメンバーごとに自由にカスタマイズできます。毎日確認する項目だけをまとめたり、表示するデータを必要なもののみにフィルタするなど、自分専用の使いやすい画面で危険信号を見逃しません。

  • メンバーの日々の負荷を手軽にチェック

    メンバーの日々の工数を知ることは、残業状況の把握や健康管理の面からも重要です。工数入力モニタを使えば、メンバーの毎日の実績工数が手軽にチェックできます。一定の工数以上は赤く表示するなど、負荷の高いメンバーを検出するのも容易です。