Excel帳票と簡単連携

今お使いのExcel帳票を資産に。
データを連携するだけで、
プロジェクトが見える化できる。

プロジェクト管理ツールを新しく導入するという場合、今までのやり方を捨てなければならないという抵抗が生まれます。現場で使用しているような帳票は、さまざまな工夫が盛り込まれた貴重な資産です。
そのような資産を有効に活用した最適な運用を提案します。プロジェクト報告書などのExcel帳票は、TimeTracker NXとの間でデータがボタン1つで双方向に連携できます。
今までの良い点を活かしながら、TimeTracker NXでデータを一元管理し、プロジェクトの見える化・改善が始められます。

工夫していた帳票をそのまま活用

Excelにてプロジェクトのタスクを並べ、日程や担当者アサインなどの計画を引く。このように、Excelでプロジェクトの計画を立てた経験のある方は多いでしょう。

Excelで作成した計画(WBS※)をコピーし、TimeTracker NX に張り付けるだけで、TimeTracker NX でのプロジェクト管理に簡単に移行できます。
もちろん、TimeTracker NX で進捗管理を始めた後は、計画・進捗に関するデータをExcelに反映することもできます。
既存資産は活かしたままで、プロジェクト計画立案・進捗管理が可能です。

Work Breakdown Structureの略

Excelとワンクリックで双方向連携

Excel帳票の内容をTimeTracker NXボタン一つでに反映できます。
ワンクリックで双方向に連携できるため、手作業での転記は不要です。

Excel の WBS を簡単に取り込み

Excel で作成した WBS をコピー&ペーストで TimeTracker NX に反映できます。
アイテムの名前だけでなく、リソース・日程・工数・説明欄まで必要な情報を自由に選択可能。

Excel で計画されていた方でも簡単に TimeTracker NX を使ったプロジェクト管理を始められます。 もちろん、TimeTracker NX に移行した後もExcelで作成して反映する運用でも問題ありません。

報告書の作成や他チームの管理に

Excel帳票との連携の用途は様々です。TimeTrackerNXは、タスクだけでなく、要求や不具合に関する情報を記録することで、一覧化した管理表・報告書を簡単に作成できます。

作成した帳票はプロジェクトやチーム内の報告だけでなく、TimeTracker NX を使っていない他チームとのやり取りにも活用できます。
最新の進捗や今後の計画をExcelに記入してもらった後にTimeTracker NXにインポートすれば、スケジュールを手作業で更新する必要はありません。

機能詳細

「課題別の活用提案」では、お困りの課題を解消する機能をご紹介しております。
『計画や進捗管理を効率化したい』『報告書作成の手間を省きたい』などお悩みの方、是非ご覧ください。
また、TimeTracker NX の機能一覧もご確認ください。

課題別の活用提案 機能一覧