TimeTracker NX 7 の新機能

工数・プロジェクト管理ツール TimeTracker NX 7

リソースプランナーやお知らせ機能で、工数管理/プロジェクト管理を強力にサポート!
「毎日使うツールだからこそ、毎日やる仕事をもっと楽に!」をコンセプトにした新機能をご紹介します。

メンバーの負荷を確認しながら仕事を割り当てられる

担当者ごとに「いつ」「どんな仕事をしているか」を見える化します。リアルタイムで担当者の負荷が表示されるため、他の担当者に割り当てを変更して負荷を均等化することができます。
割り当てた結果はガントチャートにも反映されます。プロジェクトの進行状況を把握し、最適なリソースを割り当てて生産性を向上させましょう。

要注意プロジェクトや負荷が高いユーザーをお知らせ

工数入力状況やプロジェクトのサマリを定期的にレポートします。ただ変更箇所を通知するのではでなく、遅れやコスト超過があるプロジェクト、工数入力忘れや負荷が高いユーザーなど、プロジェクト管理で注意すべき点を問題発生時にお知らせします。

振り返りの入力になる情報や、直近で実施する作業もお知らせします。TimeTracker NX を開いていなくても、簡単に状況を把握することができます。

出張先や移動中でも、工数を入力できる

お手元のモバイル端末から実績を入力することができます。外出先やPCの持ち出しが難しい場合でも、正確な実績を蓄積しましょう。
iPhoneやAndroid端末にも対応しています。

プロジェクトに問題が発生する兆候を検知し、
問題の顕在化を防止

管理対象のプロジェクトを一覧でまとめて表示します。工数やコストはもちろん、EV(Earned Value:プロジェクト進捗管理の指標)の値も確認できます。
さらに、特定のプロジェクトの「状況の推移」をグラフで表示することで、プロジェクトの状況の変化を素早く把握することができます。
問題が発生する兆候を効率的に検知し、事前に防止しましょう。

見たいアイテムを一覧で表示

コスト超過の案件、昨日更新したアイテム、不具合の一覧、今月実施する予定のアイテムなど、複数のプロジェクトから特定の条件で一覧を作成したい場合はありませんか?
条件を自由に組み合わせて必要なアイテムをリスト形式で出力します。
もう1つずつのプロジェクトを開いて探す必要はありません。

  • プロジェクトの進捗状況を一目で把握

    計画工数と残り作業時間を日ごとにグラフ表示することで、計画と実績の乖離だけでなく、チームのパフォーマンスも可視化できます。 過去の作業量から未来の進捗を予測し、完了予定日や必要なリソース量の見通しを立てやすくなります。
    進捗の変化に応じて計画を柔軟に調整しましょう。

  • 複数プロジェクトまとめて作業の節目を確認

    複数プロジェクトの進捗管理において、1つ1つの詳細なアイテムまで確認するのは大変です。 「計画合意」「予算確定」「納品」など、プロジェクトのマイルストーンに着目して遅れの有無を確認しましょう。
    マイルストーンサマリでは、プロジェクトを横断してマイルストーンの計画/実績/遅れの有無が一目でわかります。

  • 月単位の表示で計画・イベントを俯瞰して確認

    プロジェクトの予定を月単位で表示します。 「ガントチャートでは表示範囲が限られている」「メンバの休みなども一目で見たい」などお悩みの方、 月単位でプロジェクトの予定を確認去れていはいかがでしょうか?
    その場でマイルストーンなどのアイテムも作れます。

  • ユーザー様のご要望にお答えした機能

    ユーザー様からご要望頂いている以下の機能を実現しました。
    ・Undo
    ・アイテムの展開状態を記憶
    ・プロジェクト閲覧権限でも実績編集
    ユーザー様の声を元に、TimeTracker NX は進化していきます。

上記以外にも、安定性の向上や操作性の改善を行いました。