TimeTracker NX 4.5 プレスリリース

大規模・分散・複雑なプロジェクトの
管理が可能になる工数・プロジェクト管理ツール
「TimeTracker NX 4.5」をリリース

車載ソフトウェア開発を手掛ける株式会社デンソークリエイト(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:林 新之助)は、工数・プロジェクト管理ツールの最新バージョン「TimeTracker NX 4.5」の提供を2020年7月29日(水)から開始します。TimeTrackerは2004年の発売以来、大手製造業をはじめ多様な業種で幅広く利用されており、これまでに75,000ユーザーを超える導入実績があります。

最新版のリリースと同時に、90日間無料で使用可能な評価版の提供も開始します。

昨今、複数組織による共同作業の必要性の高まりやテレワークによる働き方の変化などにより、異なるチーム・離れたメンバと仕事をする中で、計画や進捗の見える化にお困りではないでしょうか?WebアプリケーションのTimeTracker NX は、1分で出来る工数入力、柔軟性に富んだプロジェクト管理、リアルタイムの情報共有が可能なことから、チームが離れていても工数・計画・進捗を把握・共有できます。

最新版の「TimeTracker NX 4.5」では、Excelで作成したプロジェクト計画をわずか数クリックで取り込むことができます。これにより、これまでExcelでプロジェクト計画立案・進捗管理をしていた方も簡単にTimeTracker NXに移行し、多様な・離れたチームでのプロジェクト管理を始めることができます。また、企業間で利用する場合のセキュリティ対策として、プロジェクトの作業単位で編集・閲覧権現を設定する機能も搭載しました。

TimeTracker NX 製品サイトhttps://www.timetracker.jp/

今後のバージョンアップの計画として、クラウドサービスや他のプロジェクト管理ツールとのリアルタイムなデータ連携が可能なオプション機能の提供を予定しており、企業横断やリモートでのプロジェクト管理をより強力に支援します。

工数管理・プロジェクト管理ツール
TimeTracker NXについて

業種を問わず、業務におけるコストや生産性の改善は常に課題となっています。一方、業務やプロジェクトの現場においてコストに直結する作業工数(時間)や進捗状況は把握しづらく、改善をどこから始めればよいのか判断できない状況でした。

そのようなホワイトカラーの現場の改善活動を支援するために開発されたのが、工数管理・プロジェクト管理ツールTimeTracker NXです。工数を見える化することにより現場の課題や問題点を明らかにし、改善につなげていくことをコンセプトとしています。また、現場で「本当に使える」ようにするための使い勝手に徹底的にこだわっており、車載開発の厳しい現場で培われたノウハウが凝縮されています。

最新バージョン
TimeTracker NX 4.5の特長

以下の機能の他に、継続的に改善・機能追加しています。
詳細は製品サイト(https://www.timetracker.jp)を参照ください。

・「現場のExcel計画書」から数クリックでWBSを作成
・アイテム単位で閲覧/編集権限の設定
・計算式による見積もり・実績の自動算出
・タスクレベルでのピボット分析
・ワークアイテムから成果物や参考情報への関連付け(リンク表示、添付機能)
・プロジェクト横断情報のExcelへのコピー&ペースト

販売価格

最小5ライセンスから購入できます。ライセンス数は、TimeTracker NXが利用可能なユーザー数を示します。使用可能な機能の範囲により、Professional Editionと
Standard Editionの2つの種類があります。

Professional Edition 100ライセンスの場合、
4,000,000円(1ライセンスあたり40,000円、税抜)です。

価格の詳細はこちら

会社情報

社名 株式会社デンソークリエイト
本社所在地 〒460-0003 名古屋市中区錦2-14-19 名古屋伏見Kスクエア
代表者 代表取締役社長 林 新之助
設立 1991年2月14日
資本金 9,500万円
URL http://www.denso-create.jp/

お問い合わせ先

  • 株式会社デンソークリエイト

    イオタ推進部

  • Tel:
    052-728-0777
    Fax:
    052-728-0778
    Email:
    ttsales@dcinc.co.jp