徹底活用テクニック

タイムシート

「ノードパス」をコピー&ペーストして工数を入力する

対象バージョン :
TimeTracker FX 3.7

TimeTracker FXの工数入力は、通常タスクツリーからタスクを選んでドラッグ&ドロップします。
ところが、ドラッグ&ドロップしなくても工数を入力する方法があります。それは、「ノードパス」をコピー&ペーストする方法です。ノードパスは、プロジェクト内のタスクの位置を示すテキスト情報です。これをメンバーにあらかじめメールで知らせておけば、ドラッグ&ドロップすら必要のない工数入力が実現できます。

  • 01

    ノードパスの情報は画面上で簡単に取得できます。タスクツリー上でタスクを右クリックし、コンテキストメニューから[ノードパスのコピー]を選択します。

  • 02

    プランナー上でも同様の操作でノードパス情報が取得可能です。
    タスクを追加したら、メンバーにメールでこの情報を伝えておきましょう。

  • 03

    メールで受け取ったノードパス情報をコピーします。そしてタイムシート上で入力対象の時間帯を選択します。

  • 04

    貼り付け操作(キーボードでCtrl+Vキーを押下)をすると、工数が入力できました。

「徹底活用テクニック」一覧へ戻る

90日間無料評価版お申し込み

全ての機能をご利用いただける評価版をご提供しています。

設定不要ですぐに評価できる DBソフトがなくても評価できる サーバOSがなくても評価できる

  • 90日間無料評価版お申し込み
  • 資料請求
  • 製品紹介セミナー