現場志向のプロジェクト計画

Webアプリケーションとは思えない
軽快な操作性で、プロジェクト計画作成を、
手軽に実現。

Webアプリケーションというと、すぐに使えて便利だが使い勝手は今一つ。そんなイメージはありませんか?特にプロジェクト管理ツールは、「機能は豊富だが操作が難しくて利用が浸透しない」ということがよくあります。TimeTrakcer NXは、そのような先入観を払拭し、驚くほど軽快で快適な操作性を実現しました。
プロジェクトのスケジュール管理・進捗管理に活用する線表(ガントチャート)もドラッグ&ドロップだけで簡単に編集。プロジェクトの現場で生まれ、培われてきたからこそ実現した、こだわりの機能と操作性をぜひ体感してください。

見たまま直感的にスケジューリング

ガントチャートにドラッグするだけの簡単な操作でプロジェクトのスケジューリングが可能です。細かい日付の入力は一切不要です。ビジュアルで直感的にスケジュールが立てられます。さらに、タスク間の依存関係を示すリンク設定など本格的な管理も可能です。

段階的にプロジェクト計画を詳細化

実際のプロジェクトにおいては、まずは大まかに計画を立てて、段階的に詳細化していくことが現実的です。TimeTracker NXなら、スケジュールや工数を大きな単位から作業別といった詳細レベルまで、任意の粒度で計画を立案できます。

プロジェクトをリアルタイムで共同編集

TimeTracker NXでは、同一のプロジェクトのタスクを複数のメンバーが同時に更新できます。他のメンバーの更新内容は各自のWebブラウザ上のガントチャートに即座に反映されるので、古い情報に基づいて仕事をしていたというような行き違いもなくなります。プロジェクト内でのスムーズなコラボレーションが進みます。

  • テンプレートからプロジェクトをすぐに開始

    プロジェクトを開始するにあたり、毎回一から作業の構成を検討し構築することは実際にはあまりありません。過去のプロジェクトを参考にしたり、会社や部署において標準化されたプロセスがあるはずです。TimeTracker NXでは、過去のプロジェクトや標準のプロセスから作業構造(WBS)をドラッグ&ドロップするだけで、あっという間にプロジェクトの作業構造が作成できます。プロジェクトの立ち上げがスムーズになります。

  • タスクの情報をカスタマイズ

    「難易度」「承認者」「対象バージョン」「提出期限」などタスクに自由に独自の項目(カスタムフィールド)を定義できます。選択肢やレイアウトも自由に定義できるので使い方は自由自在。TimeTracker NXに管理情報を集中できます。

  • クリティカルパスで重要タスクを識別

    ガントチャートでは、クリティカルパスの表示にも対応しています。クリティカルパスとは計画上ずらすことのできない作業をつないだ線のことで、進捗管理上重要な作業を示しています。作業の優先度も確認しながら、プロジェクトの計画の妥当性を見える化していきましょう。

  • グループ単位で担当者を割り当て

    組織横断や大規模のプロジェクトでメンバーが多い場合は、タスクへの割り当ても煩雑になりがち。「サポートチーム」「テストチーム」「設計担当者」「聴講者」といったグループを割り当て、一度にタスクに割り当てることもできます。

  • 大規模プロジェクトでも瞬時に表示

    Excelなどでプロジェクトを管理するのは広く行われているのですが、大規模なプロジェクトとなると、途端に動作が重くなったり使いにくくなってしまいます。TimeTracker NXは、新設計アーキテクチャにより数千から数万のタスクがあるプロジェクトでも瞬時表示。快適そのものです。