プロジェクト横断で可視化

プロジェクト横断で進捗状況や
負荷状況を手間なく見える化。
分析機能を使えば、プロジェクトに
とらわれない管理が実現できる。

日常の業務において、1つのプロジェクトだけに携わっているというケースはそう多くはないのではないでしょうか。マネージャ、メンバー役割に応じてさまざまな場面で複数のプロジェクトに関わっているはずです。TimeTracker NXでは、複数プロジェクトのガントチャートが1つの画面上に表示されるので、計画や進捗状況が視覚的にすぐ把握できます。

プロジェクト横断のガントチャート

複数のプロジェクトのガントチャートを1つの画面上に表示。複数のプロジェクトが同時に進行する場合でも、効率的に管理を行うことができます。また、プロジェクトはグループ化できるので、対象プロジェクトが増えた場合でもテーマや目的別に整理して管理しましょう。

メンバーの業務量や負荷を調整

工数で業務量のバランスを確認。高負荷な状態のメンバーの有無が手軽にチェックできます。計画・実績の両方の負荷状況が表示可能なので、直近で負荷の高いメンバーも、今後負荷の高そうなメンバーやスケジュールに空きがあるメンバーも、すぐに分かります。

プロジェクト横断でコストを確認

プロジェクト横断のガントチャートでは、工数だけでなくコスト情報も並べて管理できます。プロジェクトごとにコスト超過の有無をチェックするだけでなく、詳細なタスク単位でもプロジェクトをまたいで確認が可能です。プロジェクトごとに画面を切り替えなくても、1つの画面上で効率的にコスト管理を実施しましょう。

プロジェクト横断で工数を自在に分析

せっかく集めたデータも、分析に手間がかかれば改善にはつながりません。しかも、工数のデータを毎回Excelに出力するのは非常に面倒なものです。いくつかの視点から分析しようとすると、さらに大変です。
「ピボット分析」なら、工数データを自由な視点で自在に集計できます。ドラッグ&ドロップによる簡単な操作で、例えば、組織別の月次工数やプロジェクト別のメンバーの工数投入量などが、あっという間に可視化。多彩な集計軸で実績工数を分析します。

デスクトップ版のみで使用可能な機能です。