使いやすい管理機能

専門知識がなくても、
誰でも簡単に始められる。
充実の機能で日々の運用を支えます。

TimeTracker NXでは、現場の業務に合わせた運用を支援するために、アクセス権限や組織の設定、あるいはカレンダーや工数入力粒度の設定など、多くのカスタマイズ項目が用意されています。これらの設定も、Webブラウザ上で手間なく行えます。
また、Webアプリケーションを利用するためのサーバーの設定も、インストーラーで簡単です。専門知識は必要ありません。

シンプルなセットアップ

TimeTracker NXのインストール作業はとても簡単です。インストーラーの指示に従って進めるだけで、運用のためのサーバー環境がスムーズに構築できます。データベースをお持ちでない場合でも無償データベース(SQL Server Express)が同時にインストールできるので、環境の準備もいりません。すぐに使い始めることができます。

高度なセキュリティ管理で安心運用

使用可能な機能は組織やユーザーごとに制御。「部長以上のみ閲覧可」「自部署のユーザーのみ編集可」というセキュアな運用が実現できます。必要に応じて個々のプロジェクトでもメンバーにアクセス権を付与できるから、現場で安心して運用できます。

データベースを同梱

5-10名程度の小規模な運用では、データベースソフトウェアの購入は必要ありません。TimeTracker NXにはMicrosoft SQL Serverの無償版であるSQL Server Expressが同梱されているので、すぐに利用を開始できます。その後運用規模が大きくなった場合でも、簡単にSQL Serverの上位版(有償)にアップグレードできます。

Web APIでシステム間データ連携

Web APIを活用すれば、システム間のデータ連携が柔軟に構築できます。ほとんどのデータに対応しているので、Webサーバーを介して業務システムや外部ツールとの間で必要なデータのやり取りが実現できます。他システムの業務情報からTimeTracker NXのプロジェクトを作成したり、工数データを勤怠システムに取り込んだりといった運用が自在です。

Web APIは、現在デスクトップ版でのみご提供しています。Web APIをご利用になる場合は、デスクトップ版をインストールする必要があります。Web版対応のWeb APIは今後ご提供予定です。

  • プロジェクトの雛形をプロファイルとして定義

    ステータスや工程分類・作業分類などの情報は、プロジェクトでわざわざ個別に設定する必要はありません。これらの設定をプロファイルとしてまとめて定義しておけば、プロジェクトに一括で適用できます。業務分野ごとにプロファイルを用意しておくとさらに便利になります。

  • 標準カレンダーを設定

    プロジェクトのスケジュール立案にあたっては、休日を考慮する必要があります。土日とは限りませんし、会社で独自に出勤日や休日が設定されることもあります。そのような場合でも、カレンダー設定が独自に定義できるから安心です。稼働日・非稼働日としてあらかじめ設定しておけば、各プロジェクトにはそのカレンダーが適用されます。プロジェクト単位で個別にカレンダーを設定することも可能です。

  • 実績工数の編集をロック

    TimeTracker NXでは、指定した日付以前の工数入力がロックできます。毎月の月初に先月の工数の編集をロックしておけば、ユーザーによる実績工数の改竄や不注意による変更を防ぐことができ、より信頼性の高いデータを集められます。

  • 工数の入力粒度を指定

    お客様の業務管理の実情に合わせて、計画工数や実績工数の入力粒度を指定できます。実績工数は5/6/10/15分から、計画工数は6/15/60分から任意に選択可能。もちろん粒度を小さく設定しても、30分や1時間単位など、大まかに工数を入力することもできます。お使いの勤怠管理システムと連携したり、社内の標準的な工数管理の単位と統一することも容易になります。

  • Windowsのパスワードと連動

    LDAP連携機能を使えば、TimeTracker NXのログイン時のパスワードにWindowsのパスワードを使用することができます。定期的にパスワードの更新を行うセキュリティポリシーで運用していても、TimeTracker NXでパスワードを設定せずに手間なくセキュアにお使いいただけます。

拡張性

  • クラウド環境でも利用可能

    TimeTracker NXは、クラウド環境でのご利用にも対応しています。対象はAWS(Amanzon Web Services) EC2とMicrosoft Azureです。クラウド環境上にTimeTracker NXのサーバーを置くことで、初期導入時や管理上の負荷・コスト軽減が期待できます。

    TimeTracker NXを含むクラウドサービスが提供されるものではありません。クラウド環境において、TimeTracker NXのインストールが必要です。

  • 大規模でも軽快に動作

    TimeTracker NXの工数やプロジェクト計画などすべてのデータは、データベースで集中的に管理。新設計のアーキテクチャで、非常にサクサクと動作します。1万を超えるようなタスクのプロジェクトでも軽快さは落ちません。1つのサーバーで5人から3000人規模まで対応可能なので、複数のプロジェクトを兼務した場合の入力や、組織・プロジェクトの横断的な工数の集計・分析も可能です。

    当社における試験データの結果です。実際は運用するデータベースソフトウェア、サーバーのスペックやご利用になるプロジェクトの規模やデータ量に依存します。詳しくはサポート窓口までご相談ください。