徹底活用テクニック

プランナー

上級管理者のアカウントが所属する組織を定義する

対象バージョン :
TimeTracker FX 3 以降

TimeTracker FXでは、階層化した組織と役割の権限範囲を組み合わせることで、アカウントがアクセス可能なデータの範囲を制御することができます。
上級管理者のアカウント(○○部長など)を定義する際、TimeTracker FXでは上位の組織(○○部など)に直接所属するような設定はできず、必ず末端の組織に所属させる必要があります。
末端の組織の一つに割り当てた場合、組織のデータを集計する際に本来含まれるべきでないものが含まれるということにもなります。
そこで、上級管理者アカウントの所属組織設定について有用な方法をご紹介します。

  • 01

    上級管理者の所属組織を定義した例です。
    末端組織(営業1課)を対象に実績データなどを集計すると、上級管理者のデータを含んだ結果になってしまいます。

  • 02

    上級管理者を割り当てるための組織(営業部統括など)を追加することで、組織と結びつく情報を分けることができます。
    また、役割の定義にて権限範囲のレベルを高くすることで、部署全体の情報を参照することができます。

「徹底活用テクニック」一覧へ戻る

90日間無料評価版お申し込み

全ての機能をご利用いただける評価版をご提供しています。

設定不要ですぐに評価できる DBソフトがなくても評価できる サーバOSがなくても評価できる

  • 90日間無料評価版お申し込み
  • 資料請求
  • 製品紹介セミナー