トップ:既知の問題 > 全般 > 実績工数がリソース負荷の実績データに正しく反映されない

実績工数がリソース負荷の実績データに正しく反映されない

問題の発生するバージョン

TimeTracker FX 3.6

<お詫び>
当初は「TimeTracker FX 3.6 Professional Editionでのみ発生する」と記載しておりましたが、誤りがございました。
正しくはTimeTracker FX 3.6 Professional EditionおよびStandard Editionで発生します。
ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。

問題が修正されるバージョン

TimeTracker FX 3.6.1

内容

実績工数に基づいたリソース負荷の実績データが正常に集計されない場合があります。
プロジェクト単位で以下の条件を満たす場合、そのプロジェクトに対してリソース負荷の実績データに実績工数が反映されません。

【条件】

  1. 計画工数が設定されている(値が0でない)ノードが1つもない
  2. 1つ以上のノードに計画工数が設定されている場合、実績工数の日付を含む期間が設定されているノードが1つもない

対象

本現象は以下の機能で発生します。

機能名

対象

プランナー

[リソース負荷]ドッキングウィンドウ ※

アナリスト

[リソースサマリ]ビュー

[リソース負荷]ビュー

ピボット分析

[リソース負荷]テーブルを利用した分析ビュー

※ 他プロジェクトを集計対象に含める場合のみ、他プロジェクトのリソース負荷データで発生します。

回避方法

以下の2つの作業を実施することで、この問題を解消できます。

  1. サーバ側のTimeTracker FXのプログラムをTimeTracker FX 3.6.1に更新する
    ※プログラム更新手順はこちらの「手順1.利用者に利用停止を案内する」から
     「手順5.サーバマシンでTimeTracker FXを起動する」を実施してください。
    ※プロダクトIDおよびライセンスキーはFX3.6のものをお使いください。
    ※クライアントのプログラム更新は不要です。 
  2. 不具合修正スクリプトにてリソース負荷データを修正する
    ※この作業はサーバ側で実施します。
    ※データ修正手順はこちらを参考にしてください。
 

ダウンロード

TimeTracker FX 3.6.1プログラムおよび不具合修正スクリプト(sqlファイル)は以下からダウンロードできます。
※ダウンロードにはご購入後にご案内しておりますIDとパスワードが必要です。
※IDやパスワードをお忘れの場合はTimeTracker FX サポートチーム(ttsupport@dcinc.co.jp)までお問い合わせください。

TimeTracker FX 3.6.1プログラム

不具合修正スクリプト

※ご使用時は圧縮ファイル(ZIP形式)を解凍してお使いください。