TimeTracker FX 3.5

よりセキュアに。軽快に。そしてさらに使いやすく。お客様の数々の声を反映した新バージョン。

  • 無償アップグレード製品

    購入後1年以内、または保守契約中のお客様はTimeTracker FX 3.5に無償でアップグレードできます。

TimeTracker FX 3.5の特徴

Active Directory連携 / ログ機能でよりセキュアに

大企業のお客様からご要望の多かったセキュリティ機能強化を行いました。
例えば、新たに搭載されたActive Directory連携機能。TimeTracker FXのログイン時のパスワードにWindowsのパスワードを使用することが可能になり、定期的にパスワードの更新を行うセキュリティポリシーの企業様でも、TimeTracker FX側のパスワード変更不要で手間無くセキュアにお使いいただけます。また、不正利用を防止するためにログ機能を搭載。プロジェクトを開いたり保存する操作やログインエラーなども監視できます。

コストや業務負荷なども自在に分析

強化されたピボット分析を使えば、工数だけでなく、コストや業務負荷も自在に分析できます。
例えば、高精度の工数とメンバの単価情報を元に月別の実績コストを計算し、コスト管理やお客様へのご請求に活用することも出来ます。また、業務負荷の予実やカスタムフィールドなども集計できるので便利です。

コストや業務負荷なども自在に分析

OutlookやNotesの予定から自動で工数入力

忙しい方ほど会議の予定が多くなりがちです。新バージョンでは、会議の工数入力がとても簡単になりました。
OutlookやNotesの会議案内文に、タスクのパス情報を貼りつけて送信。あとは会議参加後にワンクリックするだけで、パス情報から該当タスクを特定し、TimeTracker FXが忙しいあなたの代わりに工数を入力します。該当する会議のタスクを探す必要がなくなり、入力ミスも防げるため、工数データの精度も向上します。

OutlookやNotesの予定から自動で工数入力

より軽快に動作

毎日使うツールだから、動作は少しでも軽快に。新バージョンではパフォーマンスを大幅に高速化しました。
起動は前バージョンのTimeTracker FX 3/3.1の2倍。タイムシートの表示やプロジェクトを開く操作についても、1.7倍もの速さでスピーディに動作します。

より軽快に動作

工数の入力粒度が指定可能に

お客様の業務管理の実情に合わせて、計画工数や実績工数の入力粒度を指定できるようになりました。
実績工数は5/6/10/15分から、計画工数は6/15/60分から任意に選択可能に。もちろん粒度を小さく設定しても、30分や1時間単位など、大まかに工数を入力することもできます。お使いの勤怠管理システムと連携したり、社内の標準的な工数管理の単位と統一することも容易になります。

新機能・改善機能

定着モニタ

Windowsのパスワードと連動

新搭載されたActive Directory連携機能を使えば、TimeTracker FXのログイン時のパスワードにWindowsのパスワードを使用することができます。Windows側でパスワードの定期更新が制御できるので、よりセキュアな運用が可能です。

操作ログで不正利用を防止

ログインだけでなく、プロジェクトを開いたり、タイムシートを表示・保存したりといった細かな操作をロギングできます。ログはファイルへ出力できますので、ログ監視ツールとの連携も簡単です。

パスワード保存の禁止

TimeTracker FXのログインパスワードをPCに保存しないようサーバ側で一括で指定できますので、会社のセキュリティポリシーに合わせた運用が可能です。

キャプチャー画像:パスワード保存の禁止

業務負荷やコストも自在に分析 「ピボット分析」の機能

キャプチャー画像:月別のコスト集計

月別のコスト集計

「ピボット分析」で精度の高い工数を活用したコスト集計が可能に。メンバの投入工数と単価情報をもとに、月別やプロジェクト横断でのコスト分析ができます。

キャプチャー画像:予実分析やカスタムフィールドの集計

予実分析やカスタムフィールドの集計

業務負荷やコスト、成果量の予実分析、さらにカスタムフィールドなどの集計ができるようになりました。

組織階層でグルーピング

工数などを、組織の階層情報でグルーピングして集計できるようになりました。例えば、開発1課と2課をまとめた開発部の月ごとの工数など、組織横断のデータを集計する場合に便利です。

人月/人日単位で表示

工数の集計結果は、「時間」以外に、実務でよく利用する「人月」「人日」単位で表示できるようになりました。

工数入力をより簡単に 「タイムシート」の機能

キャプチャー画像:Outlook/Notesの予定から自動で工数入力

Outlook/Notesの予定から自動で工数入力

Outlook/Notesの予定のインポート機能を強化。会議案内にあらかじめタスクのパス情報を設定しておけば、会議参加者はインポートボタンを押すだけで、自動的に該当タスクの工数が入力されます。

キャプチャー画像:マイタスクのグループ化

マイタスクのグループ化

よく入力するタスク登録しておく「マイタスク」でグループが作成できるようになりました。グループをドラッグ&ドロップすれば、グループ内のタスクが選択肢としてリスト表示されるので、さらにスピーディな入力操作が可能です。

休日のカラー表示

システムで設定したカレンダーに従って、休日の背景をカラー表示できるようになりました。祝日など会社の休日に間違って工数入力してしまうといったミスが軽減されます。

さらに便利になった工数入力

午前0時をまたいで工数を入力をしても、エラーにならず自動的に分割されるようになりました。また、[CTRL]+マウスホイール操作で実績工数の表示間隔を変更できたり、 [CTRL]+[SHIFT]キーを押すだけで5分単位など詳細な入力が可能になるなど、工数入力がより便利になりました。

便利なプロジェクト管理機能を搭載 「プランナー」の機能

キャプチャー画像:複数のイナズマ線表示

複数のイナズマ線表示

現時点のイナズマ線を保存して、過去に渡って複数表示できるので、進捗の推移や遅れの目立つタスクがガントチャート上で簡単にわかります。

キャプチャー画像:成果物ファイルのリンク設定

成果物ファイルのリンク設定

エクスプローラからのファイルをドロップするだけで、タスクにファイルへのリンクを設定。リンクをクリックすれば成果物のファイルをオープンできます。

その他 「 Administrator 」の機能

工数入力粒度の指定

計画工数や実績工数の入力粒度を「Administrator」から指定できます。実績工数は5/6/10/15分から、計画工数は6/15/60分から選択でき、すべてのユーザの実績工数が指定した粒度で入力されるよう設定されます。

キャプチャー画像:工数入力粒度の指定

プロジェクトデータの削除

過去に作成したプロジェクトをDBから完全に削除できるようになりました。

お問い合わせ

株式会社デンソークリエイト

〒460-0008 名古屋市中区栄3-1-1 広小路第一生命ビル
TimeTracker FX 営業
TEL: 052-238-0499 受付時間 月曜日~金曜日(祝日を除く)10:00~18:00
e-mail: ttsales@dcinc.co.jp

90日間無料評価版お申し込み

全ての機能をご利用いただける評価版をご提供しています。

設定不要ですぐに評価できる DBソフトがなくても評価できる サーバOSがなくても評価できる

  • 90日間無料評価版お申し込み
  • 資料請求
  • 製品紹介セミナー