プロジェクト管理ツールとしての特徴

今までの仕事のやり方はそのままに。現場の実情にあわせられる柔軟性と表現力で、プロジェクト管理を支援します。

日本では、ソフトウェア開発やハード設計などのプロジェクト管理にExcelを利用する企業様が多いようです。しかし、Excelは大変便利なものの、本来は表計算ソフトですから、計画変更が面倒だったり、データの一元化や横断管理もなかなか難しいものです。また、プロジェクト管理ツールを利用しても、一般的な管理ツールは計画の立て方がツール側で決められており、現場の進め方と合わないことが多く、思うように管理できないというお悩みを抱える管理者様は少なくありません。

よくあるプロジェクト管理のお悩み

  • Excelでは計画変更も進捗更新も手間がかかる
  • 複数のプロジェクトがあり、進捗や問題を把握するのが大変
  • プロジェクトの規模が大きくなるにつれ、工程が複雑化して管理が困難
  • 他のプロジェクトと兼務していてるメンバが多く、負荷の調整が難しい
  • 内製コストが見えにくく、プロジェクト全体の採算がわからない

TimeTracker FXは、デンソークリエイトのソフトウェア開発における工程管理・プロジェクト管理の実績をもとに製品化され、現場の声や失敗経験から工夫と改善を積み重ねながら作り込まれてきました。この工夫や考え方は、ソフトウェア開発に限らず、ハード設計・Web制作などの知識労働の現場にも共通してます。
TimeTracker FXには、現場の現実的なプロジェクト管理方法を素直に表現できる柔軟な計画作成機能が搭載されています。これまでの仕事のやり方を変える必要はありません。今まで培ってきた現場なりの工夫を活かしながら、“現場が望むプロジェクト管理”を実現してください。TimeTracker FXには、それを支援するための役立つ機能が揃っています。

  • 計画作成 シンプルにはじめて必要なだけ詳細化
  • 進捗管理 高精度な実績工数で業務状況を可視化
  • コスト管理 工数に基づき精度の高いコストを算出
  • 分析・レポート Excelと簡単に連携し、クイックにレポート
  • プロジェクト横断管理 複数のプロジェクトをまとめて管理

プロジェクト管理 「コスト管理」 工数に基づき精度の高いコストを算出

作業見積りの際、根拠のある見積もりができていますか?
TimeTracker FXを使って計画工数と実績工数を管理すれば、高精度のコストをすぐに算出することができます。

  1. 内製も含めて一元管理

    工数管理とプロジェクト管理の機能を併せもつTimeTracker FXなら、内製の工数がプロジェクトにどれだけ投入されているのかが、実績工数から自動算出されます。また、委託分や仕入れの金額も一元管理できるので、今まで見えづらかったプロジェクト全体の採算も簡単に把握できるようになります。
  2. 複数プロジェクトのコストを一度に確認

    プロジェクトのコスト状況を一覧で確認できます。コストオーバーなどの条件でカラーリングする見える化機能や、終了時のコストを予測する機能が搭載されていますから、採算管理や今後投入するコストの調整がプロジェクト横断で可能になります。
  1. 改善につながる「正確な事実」を計測・分析。現場志向の工数管理ツール。

    詳しく見る
  2. 現場の実情をあわせられる柔軟性と表現力を備えたプロジェクト管理ツール。

    詳しく見る
  3. 現場から生まれ、現場で鍛えられた改善活動支援ツール。

    詳しく見る

90日間無料評価版お申し込み

全ての機能をご利用いただける評価版をご提供しています。

設定不要ですぐに評価できる DBソフトがなくても評価できる サーバOSがなくても評価できる

  • 90日間無料評価版お申し込み
  • 資料請求
  • 製品紹介セミナー