改善活動支援ツールとしての特徴

工数を集めることで、「改善」が変わる。現場から生まれ、現場で鍛えられた改善活動支援ツール。

工数は「コスト」だけでなく、現場の「事実」を伝えてくれる有効な情報です。
デンソークリエイトでは、業務の可視化と改善のために、継続して工数を計測してきました。現場を良くしていくためには、まず現場を正確に把握することが必要と考えたからです。
「現場の改善活動を支援する」をコンセプトに製品化されたTimeTracker FXは、「正確な事実として計測した工数を改善活動に活用する」という新しい発想で現場の改善を支援します。改善の第一歩は、正確な事実を集めること。事実に向き合い、振り返ることができれば、計画の見直しが始められます。また、実績データから失敗や問題の理由が分析できれば、曖昧で主観的な情報に振り回されることもなくなります。さらには、TimeTracker FXを使えば改善効果もすぐに見える化できるので、現場が成長の喜びを感じられ、改善活動が加速します。

  • 事実に向きあえる

    工数は業務や職位に関係なく、どんな仕事にも発生します。「工数=現場を正確に把握できる統一的なモノサシ」と考えてみてください。正確な工数データを蓄積すれば、計画との差異や進捗を可視化でき、品質確保の目安、生産性、仕事ぶりなども事実として見えてきます。まずは事実と向き合うことが改善のスタートラインです。
  • 改善に取り組める

    工数から事実が見えれば、仕事のムリ・ムダ・ムラを把握することができます。また、失敗したプロジェクトと成功したプロジェクトを対比し、問題点を振り返ることもできます。これを積み重ねることで、前提条件やリスクも共有した上で何を改善すべきか議論でき、具体的な改善施策に取り組むことができます。
  • 成果を味わえる

    過去の工数実績と対比することで、数値の変化を確認し、生産性の向上などの改善効果を実感できます。また、改善が進めば現場の業務も安定します。このような成果の喜びが味わえることで現場の意識が変わります。意識が変われば行動も変わります。そして、行動が変われば現場はさらに良くなっていけるはずです。
  1. 改善につながる「正確な事実」を計測・分析。現場志向の工数管理ツール。

    詳しく見る
  2. 現場の実情をあわせられる柔軟性と表現力を備えたプロジェクト管理ツール。

    詳しく見る
  3. 現場から生まれ、現場で鍛えられた改善活動支援ツール。

    詳しく見る

90日間無料評価版お申し込み

全ての機能をご利用いただける評価版をご提供しています。

設定不要ですぐに評価できる DBソフトがなくても評価できる サーバOSがなくても評価できる

  • 90日間無料評価版お申し込み
  • 資料請求
  • 製品紹介セミナー