プロジェクト管理

現場の試行錯誤が生んだ
プロジェクト管理

プロジェクト管理のために最も使用されているツールは、実はExcelです。しかし、Excelは表計算ソフトであるため、プロジェクトの計画変更が面倒だったり、データの一元化や横断管理などなかなか難しいものです。また、他のプロジェクト管理ツールを利用されている方においても、機能が使いこなせない、操作が面倒、さらに現場の運用と合わないという声を頻繁に耳にします。

TimeTracker NXは、デンソークリエイトの改善活動から生まれました。デンソークリエイトのソフトウェア開発における工程管理・プロジェクト管理の実績をもとに製品化され、現場の声や失敗経験から工夫と改善を積み重ねながら、その成果が反映されてきました。TimeTracker NXには、現場の現実的なプロジェクト管理に沿った柔軟な計画作成機能や進捗管理機能が搭載されています。これまでの仕事のやり方を変える必要はありません。今まで培ってきた現場なりの工夫を活かしながら、「現場が望むプロジェクト管理」を実現してください。

現場に対応できる
柔軟性が使いやすさ。
現場志向の
プロジェクト管理ツーループロジェクト計画作成ー

現場の課題

使い勝手

  • ・現場はExcelの使い勝手に慣れており、同等以上の使いやすさがないとツールを使ってもらえない
  • ・Excelでプロジェクト計画を管理しているが、計画の更新や実績の反映が面倒
  • ・プロジェクトの規模が大きくなるほど動作が重くなり、管理が困難に

現場と機能のアンマッチ

  • ・ツールの計画作成機能が現場の実情に合っておらず、現場がツールに合わせなければならない

工数入力とプロジェクト計画の乖離

  • ・メンバーにとってはプロジェクト計画の確認は面倒なので、計画内容が理解されていない

特長

プロジェクト計画作成を
サポートする特長現場レベルで課題を見える化するために。

圧倒的な使いやすさ

スケジュール設定はドラッグするだけの簡単操作

もっと見る

テンプレートからコピーするだけでプロジェクトが開始できる

もっと見る

計画も実績もリアルタイムでプロジェクトに反映

もっと見る

現場に合わせて使える柔軟な計画作成

大まかな計画から始めて、段階的に詳細化可能

もっと見る

工数入力とプロジェクト管理が一体化

プロジェクト計画を確認しながら、直接自分の工数を入力

もっと見る

進捗を見える化し、コスト管理や品質管理を容易に。
現場で本当に「使える」ツーループロジェクト進捗管理ー

現場の課題

煩雑な進捗管理

  • ・進捗状況が分かりづらく、タイムリーに対策が取れない
  • ・進捗率の値では、具体的な状況が分からない
  • ・細かい作業を管理したいが、煩雑になりすぎて手に負えない

進捗状況が見えない

  • ・タスクの消化率で進捗状況を判断したい
  • ・メンバーのコストが見えにくく、プロジェクトの採算が把握できない

複数プロジェクト管理は大変

  • ・複数プロジェクトの進捗状況を把握するのが大変。

Excelとの親和性が低い

  • ・Excelを使った進捗管理は現場では必須であるため、簡単に連携できないと困る

特長

プロジェクトの進捗管理を
サポートする特長進捗の把握からプロジェクトを管理するために。

現場のための進捗管理

ガントチャートで進み具合をリアルタイムに把握

もっと見る

ステータスを定義しシンプルに進捗管理

もっと見る

チェックアイテムで細かい作業を効率的に管理

もっと見る

進捗状況を手間なく見える化

タスクの消化状況を常にモニタリングして進捗管理

もっと見る

コストもリアルタイムで集計、必要な時に必要なデータが見える

もっと見る

ストレスのない複数プロジェクト管理

複数プロジェクトのガントチャートを一覧表示してまとめて管理

もっと見る

Excelとボタン1つでデータ連携

Excel帳票と連携し、双方向にデータを手間なくやり取り

もっと見る